記事の詳細

企業理念の遂行に必要なクレドの作成
新東京グループの企業理念は、限りのある自然を守り、未来の子供達に繋げることです。理念を達成するために企業努力を重ねていますが、一人ひとりが確実に遂行するためにクレド、つまり行動指針を作成しています。その理由は、新東京グループで働く従業員が行動指針に基づき、精神性の部分から地球環境の維持のために行動する必要があるからです。

吉野勝秀氏の下、新東京グループでは、コンプライアンスの遵守、環境保全を意識した廃棄物の収集や処理、事業所周辺の環境を配慮した上のコミュニケーション、環境保全の推進などの行動指針を定めて行動しています。これらの行動指針が企業理念を達成するうえで必要なのです。

新東京グループと吉野勝秀氏が目指す方向について
新東京グループの代表取締役である吉野勝秀氏は企業理念を果たすために、循環型社会を構築していくことが必要であると考えています。循環型社会の構築に必要なキーワードとして「Reduce」「Reuse」「Recycle」の3R、つまりは発生抑制と再利用と再資源化の3つの大きなテーマを掲げています。

吉野勝秀氏が考えるのは循環型社会の構築により、一人一人の各社員が使命を果たすためにしっかりと行動してほしいという一点です。地球環境を保護するにあたっての積極的な活動において、明確な行動指針は非常に大切だと言えます。

新東京グループの環境プロデュース事業への取り組み
吉野勝秀氏率いる新東京グループは、自社のことを環境プロデュース事業であると掲げています。産業廃棄物を収集、運搬、処理、そして建築物の解体工事などの幅広い活動を通じ、社会全体がより地球環境を維持できるように取り組むべきだと考えているのです。

新東京グループは環境問題を解決することに秀でたエキスパートで、幅広いクライアントのニーズにお応えし、安全で安心な産業廃棄物の処理を行っています。そして、循環型社会の構築をめざし、環境プロデューサーとして役割を果たすことでクライアントの最良のパートナーを目指しているのです。

企業理念を遂行する行動指針は、環境保全を意識し、さらにはコンプライアンスの遵守、環境保全の推進を図ることとしています。もし、新東京グループのサポートが必要な場合には、一度相談されてみるのもよいかもしれません。環境ソリューションに関するコンサルティングを通じ、共に社会益責任を果たしてくれる事でしょう。

株式会社新東京グループ
http://www.mr-shintokyo.co.jp/

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る